そのまま食べてね

今日のおやつは、子どもたちが収穫したオイスカ畑の新鮮やさいです。「蒸してみたよ、はいいどうぞ」「塩もいらないと思うよ、そのまま食べてみて」とK先生。

モロッコインゲン、ニンジン、じゃがいも、それぞれ違うおいしさでしたね。おごちそうさまです!

じゃがいも、にんじん、いんげん、なすを収穫! トマトときゅうりの味見もね

本日は、天候次第、畑次第の「オイスカさんの畑収穫」の日。収穫したのは、いんげん、じゃがいも、にんじん、なす。キュウリやトマトの味見もね♪

オイスカの豊田先生たちに教わって「ねぎの定植」「さつまいも定植」「ナスの誘引」「畑の追肥」にもチャレンジしました。早く大きくなあれ。

陽射しはまぶしい夏ですが、畑にはきもちのよい風が吹いていました。戸外はいいな。

みんなでわけて、スイミーの分も十分ありました。ごはんの先生のおやつとごはんが楽しみだね。お疲れさまでした。

雨を楽しもう

雨が多くておっくうなこともあるけど、雨の楽しみもあるよね。雨の季節に会える生き物もいるね。あじさいの葉脈をこすり出して遊んでみる? てるてる坊主を作ってマスコットにするのも楽しいね。

一年生のHちゃんは。晴天を願って「お母さんにてるてる坊主を作ろう」といっていましたね。梅雨と書いて「つゆ」と読むことも学びましたよ。

梅とプルーン

おやつに、熊本のハニースイートというプルーン。緑色は、梅酵素液からひきあげた梅です。「カリカリ梅みたいだからぜひ食べてね」とK先生。そのまま捨てるにはもったいない初夏の味、おごちそうさまでした。

梅酵素ジュースも順調に仕上がっている模様。お手伝いありがとう!

学校生活再開中

待ちに待った朝登校がスタートした西南学院小さん。登校時間まで1時間ほどをスイミーで過ごすお子さんもいます。オイスカさんから連れ帰ったバッタの抜け殻を観察中だけど、そろそろ登校かな、いってらっしゃい!

福岡教育大学付属小のお友だちは、午前と午後に分かれての登校スタイル。休園中の未就学児さんと一緒に午前中をスイミーで過ごし、早めの昼ごはんをすませて登校しました。図鑑での調べものやボードゲームは年齢問わず遊べます。午後になると、公立小のお友だちが下校してきます。

というわけで、今日は4歳から11歳までの子どもたちが入れ替わりできてくれたスイミーです。それぞれに登校・登園スイッチが入ってきた姿に、私たちも元気をもらっています。

田植え日和

暑すぎず絶妙な曇天となった6月6日土曜日。最高の田植え日和です! これからオイスカ西日本研修センターの研修生さんと田植えをします。

青々とやわらかそうな稲の苗。「食べてみたい…」と誰かが言ってました。

廣瀬所長がマイクを手に田植えのレクチャーを。RKBの取材クルーさんも田んぼにイン!

躊躇なくはだしで入る子、くつしたでおそるおそる入った子。ちょっと足を入れて、「今日はパス。長靴もってくればよかった」という子もいましたね。タガメ、ゲンゴロウ、アメンボなど虫もたくさんいました。

5本くらいをまとめて植えます。

昼ごはんはオイスカ米のおにぎりです。おいしくて3つで足りず、おかわりした一年生さんも!

捕まえたゲンゴロウを膝に乗せて。スイミーに戻ったら飼育方法を調べよう。

今回は3歳から5年生までのお子さんと保護者のみなさんが参加しました。オイスカのみなさん、農園メンバーぼみなさんと総勢60名ほどで田植えを楽しむことができました。準備と指導をしてくださったオイスカのみなさん、本当にありがとうございました。秋の稲刈りが楽しみです!