세계 우정의 날

2月22日は、ボーイスカウト世界会議で制定された「世界友情の日」です。スイミーでは、馬男木(まなぎ)先生のレクチャーのもと韓国で愛誦されている尹東柱の詩を味わい、韓国に親しむ日としました。世情を受けてお子さんの参加はなく、大人の集いとして開催しました。

福岡・尹東柱の詩を読む会の代表である馬男木先生は、尹東柱の詩にふれて想像力の翼を自由に広げてほしいと願っています。

子どもの姿を描いた「マンドリ」。「テスト前の心情を描いたかわいらしい詩ですね。自分に言い聞かせる気持ちが、子どもだったらよくわかるんじゃないかな」

★★★ 韓国の足袋(ポソン)は、 韓国観光公社さんからお借りしました ★★★

「足袋の型紙」

母さん
姉さんが使い捨てた習字紙は
残しておいてなんに使うの?

そうだったのか
習字紙にぼくの足袋のせて
鋏で 切り抜き
型紙をつくるんだ。

母さん
僕が使い捨てたちびた鉛筆は
残しておいてなんに使うの?

そうだったのか
布地の上に型紙のせて
鉛筆なめて しるしをつけ
ぼくの足袋をつくるんだ。

尹東柱と出身地が近いりなさんが選んだのは、代表作の「서시 序詞」。尹東柱が留学していた同志社大学今出川キャンパスに詩碑があります。

서시

죽는 날까지 하늘을 우러러
한 점 부끄럼이 없기를,
잎새에 이는 바람에도
나는 괴로워했다.
별을 노래하는 마음으로
모든 죽어가는 것을 사랑해야지
그리고 나한테 주어진 길을
걸어가야겠다.

오늘 밤에도 별이 바람에 스치운다.

序詞

死ぬ日まで空を仰ぎ
一点の恥辱(はじ)なきことを、
葉あいにそよぐ風にも
わたしは心痛んだ。
星をうたう心で
生きとし生けるものをいとおしまねば
そしてわたしに与えられた道を
歩みゆかねば。

今宵も星が風に吹き晒される。

東原は「雪」を選びました。

昨晩(ゆうべ)
雪がこんもり降りつもった。

屋根や
道や畑に
寒かろうって
かけてくれたふとんさ

だから
寒い冬にだけ降るんだね

지난 밤에
눈이 소오복이 왔네

지붕이랑
길이랑 밭이랑
추워한다고
덮어주는 이불인가봐

그러기에
추운 겨울에만 내리지

韓国の食や工芸を愛するN先生作のお昼ごはんは、ヨンニャンチキン、大根のピクルス、菜の花のナムル、水菜のキムチ和え、キクラゲと卵のスープ。ふだんは辛さ控えめですが、今日は大人仕様でホットな味付けです。レシピを習ったり韓国旅行の情報を交換したり話がはずみました。

尹東柱の詩は母国・韓国では教科書にのるほどポピュラーですが、日本での知名度は低く、東京に比べると福岡ではさらに知られていないそうです。馬男木先生は、福岡でも彼の詩をもっと知ってほしいと願って活動を続けておられます。興味のある方は「福岡・尹東柱の詩を読む会」へお尋ねください。

윤동주의 시에서는  가족,자연, 동물이나 식물을 비롯한 생물에 대한 사랑을 느낄 수 있습니다.

시를 읽으면서 그가 그린 세계를 상상하면 마음이 따뜻해 질 겁니다.

尹東柱の詩からは、家族や自然、生きものに対する愛を感じることができます。

詩を読みながら、彼の描いた世界を想像していくと、心が温かくなりますよ。(まなぎ)

ハートの日

保護者さんからとびきり幸せなニュースをいただきました。喜怒哀楽。生きていくなかには誰しもいろいろありますが、こんなとき仕事をしていてよかったと思います。お知らせいただけたこと本当にうれしかったです!

台湾のお友だち

今週のテーマは「おいしい!楽しい!世界の国」です。予知したかのように台湾のRママから届いたお菓子とタピオカミルクティーをおやつにいただきました。

添えられたメッセージをKくんが読んでくれました。

お口に合えばいいのですが、台湾伝統工法で作られた中華菓子と烏龍茶を皆様でどうぞ召し上がってください。そして、台湾の旧正月に「春と福が到来する」意味がある「春★」もどうぞ受け取ってください。

台湾から夏休みに来てくれたYくんDくん、元気にしているんだね。また会えますように。

寒い日は

ごはん先生と干してつくったポンカンの皮の手浴で、冷たい手をあたためて。おやつは、あまくてあたたかいぜんざいと塩っけがおいしいいりこ。

夕ごはんは、れんこんのはさみ揚げ、人参とツナとわかめのサラダ、干ししいたけの出しにショウガを効かせた白菜スープと大根の甘酢漬け。

「今晩、雪ふるかな」「ふったら学校休めるけん」「え〜、学校いって遊びたい」。大変なこともあるけど、やっぱり雪ふってほしいね。

ふりかえってみると、放課後の子どもたちをあたためたいという先生たちの気持ちが重なり、気持ちはあたたかい一日でした。

世界友情の日の活動は

韓国の国民的詩人として親しまれている尹東柱さん。2月16日の命日に、ももちパレスで追悼式が行われました。彼の詩を愛する多くの人が集い、遺影に花を手向け好きな詩を朗読しました。上の画像は、九州大学・辻野裕紀先生と尹東柱と同じ中国韓国自治州出身のりなさん。すばらしい朗読を聞かせてくれました。りなさんは、「福岡に尹東柱さんのファンがこんなにいることに驚きました!」と感動していましたが、遺稿詩集は日本語や英語など8カ国語に訳されているとか。文化には人の心を通わせるものがあるのですね。

2月22日は世界友情の日です。国と国との関係はさまざまに変化しますが、スイミーではさまざまな国の方と交流することを大切にしたいと常に思っています。

・・・・・お知らせ・・・・・

2月22日(土)は福岡 尹東柱の詩を読む会代表・馬男木先生をお招きして、子どもにもわかりやすい尹東柱さんの詩の世界を味わいます。韓国のお友だちも日本のお友だちも、もちろん他の国のお友だちも大歓迎! いっしょに詩を読んでクラフトを作ってランチをいただいて、なかよく交流しましょう。詳細はこちら

りな先生と韓国のおはなし

今日のテーマは韓国です。九州大学院生として教育学を学んでいるりな先生がレクチャーしてくれました。大学で日本の友人がいれば日本語で話し、中国や韓国の友人とは中国語や韓国語で話しているというりな先生。子どもたちとの会話も楽々とこなすトリリンガルのバックボーンを知り、スタッフも目からうろこの一日でした。上の画像は一対一で学習している姿。りな先生のあたたかい人柄に包まれて、子どもたちが韓国への興味を深めていく姿を見ることができました。

以下は、りな先生が書いてくれました。すばらしい体験をプレゼントしてくれてありがとうございます。

======

最初に、私の出身地である中国吉林省延辺朝鮮族自治州の話をしました。中国内の韓国自治州で、韓国と中国の言語と文化を学んで育ちました。親戚が日本にいるため、幼いころから日本で暮らしたいと思っていました。日本では、宮崎大学、九州大学院などで学んでいます。

ハングルの読み方や書き方を勉強しました。会話をして興味のあることや日本語の名前をハングルや中国語で書いたり発音したりしました。

「スイミー」の絵本の日本語版と韓国語販を一緒に読みました。

昼食は、ごはんのY先生と韓国料理のビビンバを一緒に作って食べました。ホットプレートでつくるビビンバは初めてでしたが、とてもおいしかったです。最近は教授のサポートや勉強に忙しかったので、久しぶりに子どもたちとゆっくり過ごしました。少しずつ韓国に興味をもってもらえて、嬉しい時間でした。

★Yさんへ

今日は中国朝鮮族と韓国の話をしました。

오늘은 중국조선과 한국에 관한 이야기를 했어요.

最初は、あまり話したい気もちがなかったのですが。少し話してからはすごく興味を持ち、単語と文法まで勉強しました。(書き方も!)

처음에는 별로 이야기하고 싶지 않아 했는데.조금 이야기 한 후에는 엄청 흥취를 가지고 단어와 문법까지 공부했어요.(쓰기 까지!)

ぜひ1〜10までの読み方を教えてもらってくださいね!

유리 한테서 꼭 일~십 까지 읽는 법을 배워보세요~

Sさんへ

今日は中国朝鮮族と韓国の話をしました。

오늘은 중국조선족과 한국에 관한 이야기를 했어요.

まだ外国に興味がそこまでない感じでしたが、話をしてから少し興味をもってくれました。

아직은 외국에 대해 흥취가 없는것 같았지만 ,이야기를 한 후에 흥취를 조금 보인것 같아요^^

Sちゃんにビーズバッジ の作り方を教えてもらって。いろんな国の国旗を一緒に楽しく作りました。

사오리 한테서 비즈팟치를 만드는 방법을 배웠어요.여러 나라의 국기를 같이 즐겁게 만들었어요.

オイスカさんの「ふるさとづくり」

スイミーの活動は愛情あふれる「いろんな先生」に支えられていますが、なかでももっとも長い時間を共有しているのはオイスカのみなさんかもしれません。2月29日土曜に始まる畑づくりを前に、オイスカ豊田先生からうれしいメッセージが届きました! ★本日の夕ごはんは、オイスカさんのごはん、ししゃもの天ぷら、もやしときゅうりのとわかめのナムル、白菜と厚揚げのみそ汁でした。おごちそうさまでした。
:::::::::::::
オイスカの現在の活動テーマは「ふるさとづくり」ですが、市内に住む子供達が
脇山の自然に触れて、そこにうちの研修生がいて一緒に遊んだり収穫したりと、
そんな体験が子どもたちの「ふるさとの思い出」の1ページになれば最高に
嬉しいと思います。
29日(土)はお待ちしております。
オイスカ西日本研修センター 豊田さんより
:::::::::::::
スイミーは、ほんとうに小さな場ですが、みんなの楽しい居場所になったらと願っています。2020年は。春夏秋冬オイスカのみなさんと農作業を楽しみましょう!

「生き抜くチカラ」

保護者様がお知らせくださった教育講演会のお知らせです。

「 ボクがキミに伝えたい50のことば 生き抜くチカラ」

詳細はこちら

男子400メートルハードルの日本記録保持者にしてSport × Technologyに関わるプロジェクトを行う株式会社Deportare Partnersの代表としても活動中の為末大さんと、人がよりよく生きるとは何かを研究中の医学博士・石川善樹さんのコラボレーション。子どもたち、そしてパパママへのメッセージが楽しみです。

KIKUKO’sチョコフレーク

今週はスイミーチョコレート週間。おやつはK先生手作りのチョコフレークでした。

ばくばくと食べて、余った分は「持ち帰っていいと?」と切望する子どもたち。ひとかけらも残さずきれいにわけてくれました。その後キッチンに入って「作り方教えて〜」「パパとつくろうかな」と言っていたNくんTくん、ぜひつくってみてください。品切れのコーンフレークを探してまわったKIKUKO先生の熱意が伝わりましたね!