お運びさんをしましたよ

毎週金曜日はお茶遊びの日。子どもたち、お菓子とお茶をいただくことは、けっこう慣れてきた様子です。そこで今日は、平野先生から「お運びさんをしてみませんか?」と提案がありました。

一年生さんも、ふくさを腰につけてお菓子やお茶をお客さまにお出ししました。

「今日はおいでいただきありがとうございました」。半東さんのご挨拶を述べました。

穏やかな顔でお茶を一服。なにかと忙しい六年生さんにとっては、よい気分転換になっているのかもしれません。

本日のお菓子は、鮎とせせらぎ(青柳製)。清流の世界です。

お運びさんを体験して、ちょっと自信を持った子どもたち。お盆開けの夏祭りで、平野先生といっしょに「お茶会」をしようという話になりました。先生たちも楽しみです!