日本語教育専攻のなかで思うこと

九州大学で日本語教育について研究しているりなさんが、先日の講演についての考察を寄せてくれました。感謝をこめて紹介いたします。
222日に外国語教育に関する講演会に参加しました。自分は日本語教育を専攻しており、同じ言語教育として関わる部分もありましたので、いろいろと勉強になったきっかけでした。講演者がおっしゃった通り、グローバル化によって最近の仕事はほぼAIに代わっている状態です。言語教授の仕事も今後的にはAIに代わるでしょう。しかし、教えることは代わるとしても、学習者の心理的な面などは人間しかできないものであるため、教師の仕事はずっとあるのではないかと思われます。
また、近年の外国語教育は文法的な知識よりも、コミュニケーション能力を高めるのがもっと大事だという内容もありましたが、実は日本語教育の中でも同じ問題が生じています。それらの課題を解決するために、研究者たちは努力を続けているところです。このように、言語っていうのはすべて繋がっているんだろうと感じ、今後は日本語教育だけではなく、いろんな言語に関する知識も学ばなければいけないと思いました。
222일에 외국어교육에 관한 강연회에 참가했습니다.저는 일본어교육을 전공하고 있고,같은 언어교육에 관한 내용이었기에 많은 것을 배울 있었던 기회였습니다.강연자가
말씀하신 것처럼 글로벌화에 따라서 많은 직업들은 이후에 AI 대체될 정황입니다.언어교수에 관한 직업도 금후에는 AI 대체되겠죠.하지만 언어교수는 대체된다고 해도 학습자의 심리적인 부분은 사람만 있는 것이라고 생각하기에 교사의 직업은 계속 유지 것이라고 생각합니다.
 그리고 근래에 외국어교육은 문법적인 지식보다 커뮤니케이션 능력을 중시하는 시대라는 내용도 있었는데요,실은 일본어교육에도 이러한 문제가 발생하고 있습니다.이러한 과제들을 해결하기 위해 연구자들은 노력을 이어가고 있는 중입니다.언어라는 것은 전부 연결되어 있다는 것을 느꼈고 금후에는 일본어교육 뿐만 아니라 많은 언어교육에 관한 지식을 습득해야 중요성을 한번 느끼는 바입니다.