「戦争はしない」

「今日はみんなに覚えてほしい日です」とTa先生は話し始めました。

8月6日は広島原爆の日、世界で初めて人の上に原子爆弾が落とされた日です。1945年から74年が経ちました。みなさんは火葬場でお骨をやいた経験がありますか? ご遺体を火葬するには1~2時間ほどかかります。しかし広島に落ちた原爆では、爆心地近くでは人は一瞬にして熱線に焼かれ、影しか残らなかったとも言われています。それほど原子爆弾は強い力を持っています。レントゲンや発電など上手に使えば役にたつ原子力を、人間は原子爆弾として戦争に使ってしまったのです。戦争は人間が始めるものです。みんなは、これから誰もが楽しく暮らせる平和な社会をつくってくださいね。

Ta先生の言葉を子どもたちは静かに聞いていました。Keさんのスイミーノートには、「戦争はしない。人の命をいっしゅんでうばう」と書かれていました。今日のスイミーは夏祭り準備の日でしたが、みんなで楽しく遊べるのは平和だからこそですね。Ta先生の思いは子どもたちに伝わっているなあと感じました。(Hi)