잘 먹었습니다 おごちそうさまでした

韓国ウィーク最終日のゲストティーチャーは、韓国人のお母さんJ先生とお嬢さんでインターナショナルスクール9年生のKさんです。韓国料理が好きな Na先生と日本語教師のI先生と一緒に「김밥 キムパブ」「호박전 ズッキーニのジョン」づくりを指導してくださいました。

キムパブの具は、卵焼き、ハム、カニカマ、たくあん、ほうれん草、きゅうり、ツナ、人参の8種類。最初はJ先生のデモンストレーションです。塩とごま油を入れたごはんをのりの上に薄く広げ、好みの具をおいて巻き簾でぐぐっと巻いて…

包丁ですっすっと切るとキムパブのできあがりです! おいしそう!

子どもたちも自分の好きな具を入れて、先生方の手も借りながらぐぐっと巻いて完成です。ズッキーニのジョンを焼く匂いもたまりません。

昼食前は、Kさんによる「토끼와 호랑이 ウサギとトラ」の読み聞かせ。小さなウサギに手玉にとられるトラの姿を、韓国語と日本語で伝えてくれました。

「잘 먹겠어요(チャルモッケソヨ)いただきます」、そして「잘 먹었습니다(チャルモゴッスムニダ)おごちそうさまでした」。教わった韓国語をみんなで唱和していただきました。日本では「同じ釜の飯を食う」といいますが、韓国にも「한솥밥을 먹다 ハンソッパブル モクタ」とよく似た言葉があるそうです。子どもも大人も一緒にごはんを食べて、すっかりなかよくなりました。(Hi)

김밥と호박전をみんなで上手に作り、おいしく食べることができました。福岡に数年お住まいのKさんとは日本語学習のご縁で仲良くなりましたが、今日は親子で指導役になり、韓国の食や韓国語を子どもたちに教えてくれました。ふだんとは違う経験を楽しんでくれた様子に私も嬉しく思いました。(日本語教師I)

本場のお母さんに作ってもらった김밥(キムパブ)は格別でした。笑い声のたえない仲良し親子のJさんKさんとの会話もほのぼのと、私もほっこりとしました。これからもいろいろな韓国料理を教えてください。(Na)

「잘 먹겠어요(チャルモッケソヨ)いただきます」をさらに丁寧に言うと「잘 먹겠습니다(チャルルモッケスミダ)」になります。(ゲストティーチャーJ)