扇引薫風六月涼

6月29日の活動でご紹介した条幅の作品についてお尋ねがありましたので補足します。墨場必携(ぼくじょうひっけい)から夏の句を抜粋、麻革(まかく)により元時代に書かれた作品です。(Si)

★原文

衣沾暑雨千秋潤

扇引薫風六月涼

★読み下し

いはしょうにうるおってせんしゅううるおい せんはくんぷうをひきてりくげつすずし

★意

衣服は夏の雨にぬれて千年も乾かぬが、団扇は初夏の風を招いて六月もなお涼しいのである

写真の折り染め和紙のうちわはSa先生作。7月30日のサマースクールで作りますよ。(Hi)