ライフセービングスポーツの国際大会

ライフセービングカップを観戦しにももち浜に行きました。
海の事故が起きた時に、私たちの命を守ってくれる世界各国のライフセーバーの方々と、すごく身近に触れ合うことができました。

「ニュージーランドがんばれ!」「日本がんばれ!」
「サーフチームレース」「サーフスキーレース」は海で行われる競技です。たくさんの国の方々が来ていて、子ども達も自作のボンボンや国の旗を持って一生懸命応援していました。「ビーチリレー」では、目の前でスタートダッシュする選手に声援を送りました。ビーチリレーは日本チームAの勝利でした。

選手の方々も応援するスイミーの子ども達に手を振ってくれたり話しかけてくれたりとほっこりしている様子でした。(学生Re)

海好きの方からおすすめされていた「ライフセービングの国際大会」にようやくお出かけすることができました! ライフセービング競技は、水辺における人命救助に必要な技術と体力の向上を目的に救助技術を競うスポーツです。国内唯一となるライフセービングスポーツ国際大会には、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、スペイン、香港、日本と6つの国と地域から7チームが参加するそうです。

砂浜で遊んだり貝がらを拾ったり海遊びをする隣で、各国の選手のみなさんがウォーミングアップをしていました。競技の様子や結果、ルールなどは公式サイトで確認できます。選手のみなさん、明日もがんばってください! スイミーのみんなも海の事故なく楽しい夏をすごしましょう。(Hi)