メダカの学校

ちいさなちいさなメダカの赤ちゃんから、メダカの小学生、メダカの親まで何百匹ものメダカがスイミーにやってきました! 今日の活動は、メダカの先生ことなか先生によるメダカの勉強です。赤くて大きな目が目立つのは「ヨウキヒパンダメダカ」。目が小さいヨウキヒメダカもいます。メタリックカラーでスリムな「ミユキメダカ」。見慣れた姿は「シロメダカ」。メダカ愛好家は、メダカの個性を大切に掛け合わせて個性的な品種をつくっているそうです。身近なメダカが実は絶滅危惧種であること。オスとメスの違い。卵をみつけたら、大人メダカに食べられないように卵部屋に移してやること。長生きさせるには、できるだけメダカにさわらないことやエサをやりすぎないことも大事だそうです。

お世話といえば、何よりも水換えが大切。自分でやってみましょう。

しっかり勉強したら、お家の人に許可をもらってメダカを飼う準備ができた子からお家に持ち帰ります。準備ができるまではスイミーでお世話をしましょうね。みんなはメダカの学校の先生です。