1件のコメント

  1. かくも小さき童らが将棋に燃えること微笑ましきかな放課後よ。その刹那たとえ記憶に留まることなかれども、知らず血肉となり心身を育むことは疑ふべからず。その後世に勝ちあらば負けもあれ。しかれど友なきにしては勝負すること能わず。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です