児童の視力 過去最悪

西日本新聞の記事によれば、裸眼視力1.0未満の小学生の割合が30パーセントを超えるとか!
1979年度の調査開始以来最悪の数字だそうですが、確かに昨今、「学校の視力検査で再検査になった〜」といってくる小学生は珍しくありません。
幼い頃から目が悪くて苦労してきた私(東原)としては、とても気になる出来事です。
子どもはほっておくと薄暗いところに潜り込んで本を読んだりと基本的にむとんちゃくですから、指導員は目に優しい環境づくりを心がけねばなりませんね。
siryoku
swimmy4222(H)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です